伊達の里 赤芝町「古民家孫太郎」は、癒しと安らぎの時空間。

館内のご案内

  • HOME »
  • 館内のご案内

三つの玄関

上段玄関(過去)

身分の高い方と、この家で亡くなった方が利用。

茶の間玄関(現在)

お客様と当主が利用。

居間玄関(未来)

ご近所と家族が利用。

囲炉裏の茶の間

家の伝統行事を行う間で、大晦日、小正月、お雛様、お盆、お月見などの行事が囲炉裏を中心に執り行われます。囲炉裏は常時使用可能で、竹炭を利用しお客様をおもてなしする空間となっております。

また、氏神様である羽黒神社の神棚があり、正月二日の書初めでは家族が新たな一年の生活信条を書き奉納しています。そして、ここには明治時代から時を刻むアンティークな柱時計があります。

漆喰壁の上段の間

天照大御神をお祀りした神棚のある格式の最上位の間で、冠婚葬祭用として、結婚式やお祝い事、そして、お葬式や法事など今でも使用しており、襖で二間に仕切ることができます。

また襖を外し敷居を移動して畳を寄せると、一間で利用することも可能となるほか、柱を外し茶の間との一体利用もできます。

なお、上段の間に直接つながる玄関があります。

 

夫婦四代の遺影のある仏間

明治23年1月2日に地区の大火で家が消失し、年内に再建した孫太郎夫婦以降四代にわたる夫婦の遺影が掲示されています。ただし、孫太郎・里き夫妻だけはまだ写真が普及しておらずデッサン画になっています。

毎朝、仏壇には水とお膳をお供えし先祖を供養しています。そしてお盆には、提灯をたくさん飾り先祖の魂をお迎えし、送り火とともにお見送りしています。

夏、この空間は北からの心地良い風が吹きぬけ、お昼寝には最高の場所です。

このように古民家は、利用方法に合わせた自由な対応が可能な空間です。

 

お気軽にお問い合わせください。 TEL 090-8258-2160 受付時間 10:00 - 18:00

PAGETOP
Copyright © 古民家孫太郎 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.